ライター・藤丸心太(ふじまるじんた)のブログ。本の感想とかゲイネタとか創作系など。お仕事依頼などはメールで。リンク・TB自由。コメントは承認制。fujimarujintaあっとgmail.com (あっとを@に変更)


by bogdog

『イヴの時間』そして『Pluto』が連載終了しましたね。

こんにちは。
『Pluto』の最終回がわりとしょんぼりだと思ったジン太です。

ニコニコ動画で面白そうなアニメ見つけました。
つっても、公開は大分前みたい。情報にうといな。俺。

【ニコニコ動画】イヴの時間 act01:AKIKO ※要ニコニコ動画アカウント

「未来、たぶん日本。”ロボット”が実用化されて久しく、”人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」
リクオは所有するアンドロイド、サミィの行動記録をチェックしていると、不審な行動記録を発見する。友人のマサキを誘ってその行動記録の場所に向かってみると、そこには「イヴの時間」という不思議な喫茶店があった。(ウィキペディアより抜粋)

イヴの時間公式サイト

アニメっぽい空気感と、音楽、そして何より、アンドロイドと人間の関係を描いてるところがかなりツボです。

これ、『ちょびッつ』じゃんみたいなコメントありますけど、ばかー! ぜんぜんちがう!
あんなアシモフの三原則を、「ロボットじゃなくパソコン」だからOK! なんていう設定にした漫画なんて!

で、『PLUTO』なんだけど、なんであんまり僕には響かなかったのかなー。
『憎しみ』とか『悲しみ』とか『愛』とかが、テーマだったと思うんだけど、
やっぱり、アトム的、手塚治虫的なロボットの考え方というか、結局最終回で「人間的な」感情で終わっちゃうからかなあ。「人間ありき」で、ロボットはそれを模倣する存在として書かれてたから、だろうか。

『アイの物語』で書かれてた、ロボットの言語の『i』みたいに、ロボットはロボットだけの思考があって、それは人間に理解できない、というところがないところが、SFっぽくてあがるんだけどなあ。
[PR]
by bogdog | 2009-04-14 14:18 | ニコニコ動画・youtube