ライター・藤丸心太(ふじまるじんた)のブログ。本の感想とかゲイネタとか創作系など。お仕事依頼などはメールで。リンク・TB自由。コメントは承認制。fujimarujintaあっとgmail.com (あっとを@に変更)


by bogdog

ダンボールハウス

c0139007_22253844.jpg
 

 ダンボールハウスという居住空間を、建築学科の著者が実際に住居人と交渉し、中に入れてもらい、つぶさに観察しレポートした秀作。間取りや、工夫点、問題点、作成費用(ちゃんとしたのを作ろうと思うと、けっこうお金がかかる)作成日数なども記してあり、建築雑誌顔負けのレポートっぷりだ。

 ホームレスの体験レポというと、上から目線が鼻につくものも多々あるが、この著者はまず会釈から初め、それから顔なじみになり、数ヶ月後に初めて中に入れてもらう、というプロセスを取り、そこに人の家を訪ねるという敬意を持っている。

 あとがきの一文が、この本のすばらしさを表現している。

 『3年も取材していれば、そのあいだにはいろいろなことが起こる。なかでも、彼女を取材対象者、つまりホームレスのおじさんに奪われた事件(ようするに失恋だ)は、けっこうキツかった。近しい人にその話をしたら、皆一様に「ホームレスに?」と驚いた。その周囲の反応からも、考えさせられることが多かった。なぜなら、ぼくがやられたのは確かに「ホームレス」のおじさんだが、そのぼくの話に耳を貸し、むちゃくちゃな仮説でなぐさめ、再起動させてくれたのも、やはり彼ら「ホームレス」だったからだ。すべてをひとつの言葉でまとめられてしまうと、本当の姿を見失ってしまう。』


 ダンボールハウス あとがき「彼らへ」より抜粋
[PR]
by bogdog | 2007-09-06 22:27 | 本の感想