ライター・藤丸心太(ふじまるじんた)のブログ。本の感想とかゲイネタとか創作系など。お仕事依頼などはメールで。リンク・TB自由。コメントは承認制。fujimarujintaあっとgmail.com (あっとを@に変更)


by bogdog

あきれたグルメガイド バカ盛り伝説デラックス!! 首都圏版

夏に取材したバカ盛り本が、やっと出ました。

 『あきれたグルメガイド バカ盛り伝説デラックス!! 首都圏版』
 62店舗のうち19店舗を私、藤丸心太がライターとして取材・執筆・撮影してます。ほぼ1/3ダヨ。


  神奈川の15店舗(神奈川の掲載分すべて)
         +
  東京の2店舗(『まぐろ亭』『地鶏焼き ぴよ』)
        +
  千葉の2店舗(『お好み焼き おころじー』『香辛飯屋』)

 の、計19店舗。



c0139007_23254067.jpg

最初に取材したのは、本厚木の『麻釉』の焼肉重スペシャル ¥1.000
すごく食べにくくて、キャベツこぼしました(笑) ジェンカかと。
キャベツ700g、肉300g、ご飯2合ですって。
んまいのよ。実際。肉がジュワーってしてて。ラーメン全部のせみたいな感じで始めたんだそう。




c0139007_23261045.jpg

「これ、ハンバーグじゃなくて鏡餅の土台でしょ?ねえ、そうでしょ?」

東海大学前『シュクリア』ハンバーグカレー1キロ。 ¥3,000
ハンバーグが1キロです。1キロのハンバーグて初めて見たよ。
この店には、かの柔道の金メダリスト・山下選手も通っており、おなじ部活仲間と『カレーの辛さ』を競い合い、そのとき築いた140倍という記録はいまだに破られてないそうです。さすがにメダリストは違うねー。



c0139007_23264071.jpg

半分食べました。

「すいません……もう食えないっす。」
「いいよ〜 人間、無理すると箸が止まるからね。ハッハッハ!」





c0139007_23271263.jpg

藤沢「お食事処 上州屋」バラガーリック焼肉定食 肉ダブル ご飯特盛り ¥1,500

男前な旦那さんはケツメイシの大蔵似。写真うつりがちょっとアンニュイ。

ここはおいしかった!
普通盛りだったら800円くらいだし、近くにあったら通いたいくらい。




c0139007_2328765.jpg

新丸子『三ちゃん食堂』焼肉丼大盛り ¥700
ラーメンの器に焼肉丼がびっしりと! おそらく、3000カロリー位だと思われ。

でもこれはなんとか食べれちゃいました。
焼きそばとかラーメンとかも500円くらいだし、全部100円増しで大盛り可。すごくない?



c0139007_23284046.jpg

横浜『味奈登庵』そば富士山盛り ¥500

そば1000g超。
食べても食べても蕎麦。でもけっこううまかった。
ここは大盛りが追加料金無料。そんなんでガッツリ食いたい人にオススメ!



c0139007_2329448.jpg

寒川町『ジャンボ入澤』ジャンボカツカレー

ふぐ刺しの器にカレーがっ!!
ここの店長さん、すげーいい人でした。



c0139007_23293168.jpg

川崎『元祖とろカツカレーの店』とろカツ3本のせカレー

「せっかくだから、うちのスタッフと勝負しない?」

「面白そうですね〜いいっすよ!」

「じゃあ時間はかるからね。制限時間15分ね!」

(パクパク……)

僕が半分食べた時点で、時間終了〜

スタッフの人は、僕がカレー食ってる間にペロリとたいらげ、ボウルいっぱいのサラダ(それにもカツが5個くらい入ってた)もぺろりと。早すぎる……

『このカレー食べるの初めてなんです〜』

「えー嘘でしょ? 早すぎない?」

『初めっから6キロのカレーとか食べてたから! ハハハ!』

かなうわけ、ないっすよー。


あと、上大岡の『美とんさくらい』
ここのメンチカツはすげーうまかった! 
社長さんはすごく変わった人で、「◯◯◯の映画を見て、◯◯◯って名前のとんかつ造りたいんだよ!」(一応伏せ字)と熱く語ってくれました。ページ数がもっとあれば紹介できたんだけどなー。


…とまあ、こんなかんじで19店舗食べました。中には写真撮影だけってとこもあったけど。

 こういう大盛りのメニューしてるところは、本当に店長さんが『おいしいものをはらいっぱい食べさせたい!』って田舎のお母さんみたいな気持ちを持ってるんだなーって、しみじみと実感しました。あと『大盛りでビックリさせてやろう!フフフ!』みたいな子どもみたいな気持ちも。 すごく純粋な気がしましたよ。 いろいろ聞いたら、たくさん話してくれたし。

 世の中には、こういうバカ盛りを快く思わない人もたくさんいるみたいだけど、ご飯をたくさん食べないと生きて行けない!って大食の人が少なからずいて、そういう人にとっては、たくさん食べれるっていうこういう食堂は本当にありがたい存在なんです。お店の人は、お客さんがよろこぶ顔が見たくて赤字覚悟でやってるわけだし。

 損得勘定を抜きにした、あったかくてじんわりと伝わるスピリットみたいなものを、バッチリ感じました。

 そんな気持ちも原稿にこめて、『あきれたグルメガイド バカ盛り伝説デラックス!! 首都圏版』絶賛発売中です!

おまけ (※注 取材できなかった店舗も入っています。)
取材先一覧(Google Map)
[PR]
by bogdog | 2007-11-09 23:20 | お仕事しました