ライター・藤丸心太(ふじまるじんた)のブログ。本の感想とかゲイネタとか創作系など。お仕事依頼などはメールで。リンク・TB自由。コメントは承認制。fujimarujintaあっとgmail.com (あっとを@に変更)


by bogdog

「岳」の石塚真一さんは割とゲイ受けしそうな顔してますね

こういうふうに、あまり顔が表に出ない人(漫画家や小説家)って、どんな顔してるんだろうって気になりますよね。そして、それが男の場合、かっこいいかどうかってのがすごく気になりませんか? 女子のみなさんも気になりませんか? 

ホモ受けしそう=一般的な美男子 ではありません。どちらかというと洗練されていない男臭さを残してる感じが重要です。

井上雄彦も髭坊主でなかなか好みの顔をしています。小説家でいうと、賀東 招二(フルメタル・パニック!の作者)がおしゃれなガチムチで友達にそっくりで笑えたー。セリザワ君情報によれば、きたがわ 翔もなかなかの物件だとか。まあ、きたがわ 翔はホットマンとかどうみてもイカホモ(イカにもホモに見える)だからね……マッキーや平井堅にも似た、周りは全部分かってるけどあえて聞くでもない、というような妙な空気感を感じます。

で、このニュース
c0139007_10554731.jpg


マンガ大賞:28歳でデビュー“遅咲き”の石塚さんが戴冠 “マンガ版直木賞”に感激

 “マンガ版直木賞”を目指し創設された「マンガ大賞」の授賞式が28日、ニッポン放送(東京都千代田区)であり、初の大賞作「岳」の作者、石塚真一さん(36)が出席。70人の選考員がボランティアで参加した同賞について、「普通の賞が富士山の五合目から登っているとすると、この賞は海抜ゼロから登っている賞」と絶賛し、「信じられない、本当にうれしい」と喜びの心境を明かした。


ソース まんたんウェブ
マンガ大賞公式HP

ノミネート作品も、漫画好きなら納得の力のある作品ばかり。よしながふみがいっぱいエントリーされてて、なんだか楽しいです。

でも、あえて言うなら、こういう漫画大賞みたいなのっていっぱいあるから(出版社主催の太鼓持ち風なものも含めて)特色があるものを出していかないと賞自体長持ちしないと懸念するところ。その点では「対象は8巻までで、すぐに読んでもらえる漫画」というのはなかなかわかりやすくていいです。選考に関しても、「漫画読みがオススメ」ってだけじゃなく、もうひとひねりほしいなあと思うんだけどねえ。「本屋さんが選んだ!」みたいな。

あと、この記事。28才で遅咲きデビューっていう風に煽ってるけど、そんなに遅咲きでもない気がするんだけどねえ。この記事書いた人は、あんまり漫画のことよく知らないんじゃないかしら。羽海野チカさんとか30過ぎてからじゃなかったかしらん。「あのひととここだけのおしゃべり」で、ナニワ金融堂の青木雄二は44才でデューしたし、それに比べたら私なんて早い方、と言っていたような。
[PR]
by bogdog | 2008-03-31 11:08 | ニュースに反応