ライター・藤丸心太(ふじまるじんた)のブログ。本の感想とかゲイネタとか創作系など。お仕事依頼などはメールで。リンク・TB自由。コメントは承認制。fujimarujintaあっとgmail.com (あっとを@に変更)


by bogdog

あきれたグルメガイド バカ辛伝説 首都圏版

c0139007_15101470.jpg

藤丸心太として、全店51件取材+撮影を行った、「あきれたグルメガイド バカ辛伝説 首都圏版」が、先週発売になりました!
http://www.amazon.co.jp/dp/4839927596


つうわけで、ちょっとだけ掲載されているメニューを紹介します!

c0139007_15103057.jpg

蒙古タンメン中本「北極」

赤い! そして辛い!
辛いながらも、しっかりと野菜のうまさや、コクが生きてて、まさに殿堂入りのバカ辛です。辛かった……。
この写真は、表紙にもなってます。


c0139007_15132863.jpg

硯屋「四川麻辣うどん」

池袋の店舗です。
自家製麺のお店で、うどんがおいしかった。その他にも、お酒や刺身などにも力を入れていて、真っ昼間から酒がのめて最高です。そしてこのうどんは、遥か四川省から取り寄せた、本場の山椒と唐辛子を使っていて、山椒特有の痺れるような辛さが最高です。慣れてないとキツいかと思いますが、是非。カレーうどんもおいしかった!


c0139007_15134536.jpg

エチオピア「70倍カレー」

神保町の老舗。70倍にしても、辛さの倍率は無料なのです。
ベースがしっかりしてるので、激辛にしてもおいしい。常人は30倍くらいでいいと思います。そして、実はここは元々は喫茶店なので、コーヒーも隠れた人気メニューなんです。コーヒーも是非どうぞ。

c0139007_15141745.jpg

五反田 ダ・カーボ「鯛うどん」

「うどん」といっても、麺がはいってるんじゃなくて、「うどん」っていうカレー屋さんとコラボして、タイヤキの中に「うどん」のカレーが入ってるんです。皮の部分に、クミンをトッピングしてあって、ぱりっと焼き上げた皮に、香ばしさをプラス。チーズが入っているので、思いのほか辛くありません。そして、ここは普通のタイヤキにも秘密があります……!

お店は、LDやTシャツも売ってあって、なんだかアングラ感ただよいまくりで素晴らしいです。



c0139007_151404.jpg

大山 ピエロ 「明太子チーズクレープ超激辛」
商店街にある、クレープのお店。
およそ200種類のクレープの中には、激辛メニューもあります。明太子チーズクレープは、ちょっと熱が入って香ばしくなった明太子に、唐辛子とハバネロの辛みがもうなんだかすごいことに。超おいしかったです。ここは、普通のクレープもすごくおいしい。ミルクレープみたいだった。冷めても固くならないそうなので、お土産に是非。


c0139007_15143095.jpg

四ッ谷 エルアルボル「ハバネロの肉詰め」

わかりますよ。ピーマンの肉詰めってありますからね。うっかり詰めたくもなるもんでしょー!
食べてみると、あら、意外とハバネロのフレッシュなお味。それが中のお肉のジュワッとした感じと相俟って、なかなか上品なお味じゃありませんこと?
そう、そんなことを考えてたんです。一口目は……


c0139007_15143937.jpg

渋谷 唐そば「ペペロン麺」

非常に見場のいい激辛メニュー。
つけめんのおいしさと、唐辛子ピューレのフレッシュさ、そしてトッピングのバジルとオニオンチップがいいアクセントを刻んでいます。
激辛・鬼辛・痛辛という、三段階にわかれております。
激辛でもかなり辛いので要注意! 


c0139007_15144810.jpg

味芳斎「牛肉飯」

これは本当においしかった。牛のホホ肉に、味がぎゅっと染み込んでいて、モヤシのナムルもシャキシャキしておいしい。
醤油を使わずに、スパイスだけで味をつけてるという、調味料のウマさを最大限に引出したメニュー。これは一度食べるべし! 
芝プールからも近いですよw


ってなかんじで、赤いメニューがわんさか51件分載っています。

いやしかし、「辛い」ものばっかりなので、「辛さ」を表現を書き分けるのって意外と楽しかった。取材をすすめる上でだんだんわかってきたんだけど、同じ唐辛子でも辛さに違いがあって、鷹の爪は、すぐに広がる辛さ、ハバネロは燃え上がるような辛さ、ピッキーヌや島唐辛子は、汗が出る辛さ…って感じで。辛いっていうのは、「痛覚」で感じると言われていて、もうなんだか、新しい味覚って感じです。

前回の「バカ盛」でも思ったんですが、お店の人は、純粋に美味しい料理を作っていて、お客さんを喜ばせようと思っている、そういう事を今回も思いました。味覚は、一様々なので、「辛い」ことも、それが大好きな人がいるなら、やっぱりあったほうがいい。

それに、味も変化してきているから、「おいしい辛さ」というものを求めて、料理人も、それを食べる人も、どんどん進化している、と実感しました。

今回、タイトルこそ「バカ辛」で、煽動的ですけれど、中には「辛くて食べられない」なんて言葉は一個も使ってないんですよ。

辛くておいしいメニューを、是非味わってください。
[PR]
by bogdog | 2008-08-05 15:19 | お仕事しました