ライター・藤丸心太(ふじまるじんた)のブログ。本の感想とかゲイネタとか創作系など。お仕事依頼などはメールで。リンク・TB自由。コメントは承認制。fujimarujintaあっとgmail.com (あっとを@に変更)


by bogdog

カテゴリ:創作したもの( 1 )

 「ゲイ雑誌が見つかって、ゲイって親にバレた!」って話はよく聞いてたけれど、まさか要らないからって親にあげたDVDプレイヤーの中に入れっぱなしのゲイビデオでバレるとは思わなかったよ本気で。どうやら昔からいろいろと「もしや?」と感づいてたところもあったみたいだったけれど、これで決定的になったみたいだ。だから言ったんだよ「俺はゲイです。結婚もしません」って。

 それはそれはショックだったみたいで、面と向かって「同性愛は病気なんだから病院に行こう」「私の育て方が悪かったんでしょ?」と泣き出すしまつ。はっきり言って相当へこむ。お母さんいま平成だよ。NHKでも同性愛の特集番組やるし、性同一性障害の歌手が紅白に出る時代だよ!

 そんなんですっかり疲れ果て、友達に「親にカミングアウトしたけれど、理解してくれなくて困る」って飲みながら愚痴ったら、その友達は「違うよ」と。「俺らはこうして相談できる友達もいるけれど、親にはいないじゃん? 『息子がゲイ』なんて相談できる人もいなくて、切羽詰まってるんじゃない?」

 はっとした。恥ずかしい話なんだが、悩んでるのは自分だけと思ってた。『わかってくれないほうが悪い』なんて、ガキみたいなこと考えてたんだな。親もゲイについては、テレビで出るオネエタレント程度しか知らないのだ。

 「これからいろんなこと話して、いい関係を作って行けるといいね。だって家族のこと大好きなんでしょ?」って、君が言うから、思わず泣いたよ。「うん。わかって欲しかった。もっと仲良くなりたかった……」自分の中に、こんなにも家族のことが好きだっていう気持ちがあるなんて知らなかった。お母さんもお父さんも泣いたんだろうか。明日は家に帰ろう。アルバムの中に、彼氏と一緒の写真も入れてもらえるといいなあ。



上記の文は、aktaのマンスリーペーパー内の記事、『タウンライツ』に寄稿したものです。

akta manthlyリンクはこちら。2008年10月号です。

『タウンライツ』は、aktaで閲覧・入手できるフリーペーパーや冊子を、小説っつうかエッセイ風に紹介するというコーナーで、今回紹介したのは、家族へのカミングアウトを支援する『家路』という冊子と呼応した形で書いてます。

自分は以前のまとめ記事、「家族にカミングアウトした話」で書いたように、家族にはゲイと伝えています。比較的すんなり行った……と思っていたのと、5年くらい前の話なので、自分ではあまり忘れていたこともあって、自分の場合がどうだったかを確認する意味も含めて、mixiの日記でカミングアウトした話を書いて見ました。

すると、結構ゲイのマイミクから反響があって、それで、「カミングアウトされた側の支援は?」という意味の意見があったので、この『家路』の目指すところとあっていると思って、それを物語にしました。

先日見た、NHKのLGBT特集が、ゲイを息子に持つ親の話だったので、ああそういえば、親ってどんな感じかなあ……としんみりしていたら、このタウンライツを書いてたこと思い出したので、せっかくなので公表することにしました。

今まで書いてたのも、折りをみてアップしていきます。
[PR]
by bogdog | 2009-01-29 00:28 | 創作したもの