ライター・藤丸心太(ふじまるじんた)のブログ。本の感想とかゲイネタとか創作系など。お仕事依頼などはメールで。リンク・TB自由。コメントは承認制。fujimarujintaあっとgmail.com (あっとを@に変更)


by bogdog

<   2008年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ファンタジウム

 「ぼくらの(8)」と「イムリ(3)」と、田亀源五郎「外道の家(中)」と、あと「ファンタジウム(1)」を購入。それと、ジャネット・ウィンターソン「灯台守の話」も購入。柴田元幸翻訳のケリー・リンクの短編集が欲しい。あと、料理雑誌をいくつか。


 「ぼくらの」、IKKIで読んでるんだけど、単行本でまとめて読むと全体の流れがあってやっぱりいい。カンジの心境の変化とか。小説版も読んでるんだけど、小説のほうは、漫画の設定をうまく使っていて、「なるほど」と思う所が多いです。漫画のほうにない、キャラの心理描写や設定をうまく補完しているところとか。

 たとえば、今回ウシロがカンジ言った台詞、「地球上の物質なんてあってもなくても同じようなもの」って、漫画で読んだときに、(あれ、そんなこと、いままで誰か言ってたっけ?)ってちょっとひっかかったんだけど、小説のほうは、それを補完して説明する形で書いてます。


 「イムリ」は、設定がややこしいのか、巻末に設定表が載っているんだけど、小さい紙にも設定を書いて本に挟んでありました。「ペット」くらいなら、ぱっと読んで設定がわかるんだけどねえ。富沢ひとしの漫画なんて設定表とかないけど読めるじゃん……って思ったけど、「イムリ」はまず設定ありきなので、この設定を叩き込めるか否かでこの漫画の面白さはまったく変わってくる。星と星と、歴史と謎をふんだんに混ぜ込んだ傑作SFだけれども、何巻くらいで完結させるつもりなのかなー


c0139007_2151825.jpg

 「ファンタジウム」は、モーニング2で読んで気になってた漫画。難読症の少年が、マジシャンとして成功していく話サクセスストーリー……かとおもいきや、そんな単純な話じゃなかった。

ただ何者にも縛られず、マジシャンの少年と、マジシャンの孫でかつてマジシャンに憧れていたサラリーマン。少年を世界的に有名なマジシャンとして成功させていきたいと思っていくが、2人の思惑のすれ違っていく。

 「才能があるもの」と、「才能がないために夢を諦めたもの」の対比。

 でも、実際は、「ただが手品じゃないか!」とバカにされ、難読症で文字の読み書きができずに、「自分にはマジックしかない」という少年のからっぽな現実。

 それでも、一瞬の奇跡を信じたい……と、心の琴線に触れまくるお話でした。

 やばい。これキタ……

 今更いうこともないんだろうけど、非常に「やおい」の精神を感じました。もちろんプラスの意味です。孤独と連帯。体格のいいサラリーマンと、背が低くて生意気な中学生という構図にも萌える。


良の魔法世界へようこそ!


ジン太のファンタジウムに対する妄想をもっと読む
[PR]
by bogdog | 2008-01-31 19:12 | この漫画がスゴい!

バディ3月号

 たまに仕事しました、って書かないと、ライターとして仕事をしていないと思われてしまう(であろう)なので、ちゃんと仕事したって書きます。森下悠里ちゃんは、エロ本や東スポのインタビュー記事とかもちゃんと自分のブログで宣伝しててエラいなあ、と思うですよ。(これについては、吉田豪氏も絶賛している)美人に生まれても、なおこの自己宣伝力……!! 見習わなければ!


 「Badi」(ゲイ雑誌です)3月号にて、12月14日にTOKYO FMホールで行われた、「Think about AIDS ポエトリーリーディング」のレポ記事を書いてます。

 朗読したのは、大貫妙子さん、ケツメイシのRYOさん、AIさんなどのアーティスト。それに、TOKYO FMのパーソナリティの人が朗読しました。

 朗読した人たちが、それぞれの言葉で、HIVを語ったのが非常に印象的でした。朗読された声を通じて、書いた人と読んだ人、そして聞いた人たちに繋がりが産まれ、それがさらに自分の心の奥に染み渡ってくる。「言葉の力」を感じたイベントでした。

 堀内貴之さんという、デイリー・プラネットという番組をやってるパーソナリティの人も朗読してくれました。今回、ステージで朗読した人の中で唯一の男性です(ケツメイシのRYOさんは録音での参加のため)

 堀内さんが、率直に、自分の「性」と「HIV」との関わりについて語ってくれたのがとてもよかった。なんとなく、なにかについて話をしようと思うと、どうしてもきれいごとが出たりとか、それとなく言葉を濁しちゃうことが、意識的にも無意識的にも多くなってきてしまうのだと思うんだけど、堀内さんは、自分と世界の物事について、真摯に考えている、ということが伝わってくるものでした。

 2Pなのに欲張っちゃって、堀内さんのインタビューもガッツリ載ってるから、よかったら読んでねー。
c0139007_1475557.gif

[PR]
by bogdog | 2008-01-30 01:48 | お仕事しました
 「シゴフミ」ライトノベルはまだ未読なんですけど、アニメの一話を見ました。

 設定が「死者から手紙が送られてくる」というので、ええー。なんだかありがちな話?「テガミバチ」+「イキガミ」? お手盛りな死生観はもうこりごりだよう、と食わず嫌いでスルーしてたんだけど、どうやら、高校生がロケットを飛ばそうとするらしく(このブログで詳しく解説されています。アニメのプラテネスのSF検証をした人が関わってるらしい。)とボーイ・ミーツ・ガールと、かつ殺人事件が絡むらしい。

 わあ! お得三点盛りだよ。よよよ。

 「プラテネスは、弟がロケットを打ち上げてるのに萌えた」
 「女子高校生の武器はナイフであるべき」
 「秒速5センチメートルは、人が死ねばよかったのに」

 と思ってる人は、確実にはまります。(思わなくても、十分いいアニメ)いや、はまったね。
 
 
c0139007_1232554.jpg

[PR]
by bogdog | 2008-01-30 01:26 | ライトノベルの感想だよ☆
 最近の福満さんの作品「僕の小規模な生活」や「うちの妻ってどうでしょう?」なんかを中心に読んでたんで、自分の実体験をネタにした半径5m以外のことは書けない人なんだなーとなぜか思い込んでたけど、この『生活』を読んで、社会や組織がしっかり書かれてたんで、自分の認識を改めざるを得ない感じでした。というか、「僕の小規模な失敗」でもただ若者が自己完結するんじゃなくて、自分の悶々とした気持ちを持ちつつも、そのキャラが動いて、社会と(だめなりに)かかわっていく、動きのある漫画なのだなー、と。吾妻ひでお氏も書いてたけど、「僕の小規模な失敗」のラストの表情はすばらしいです。

 もちろん、福満さんの独特のセンス、微妙な台詞まわしとか、細かいところはそのまま活かされてるし。続きが気になる。「娘味」も完成度高い!
 
 「おばさんネットワーク……オバネット」や「ここの腰の骨が出っ張ってるところを叩かれました」がツボでした。

c0139007_6165642.jpg

[PR]
by bogdog | 2008-01-28 06:20 | この漫画がスゴい!

ゲイ漫画こそ

 G−MEN(ゲイ雑誌です)で、熊田プウ助先生の「極楽コロシアム」連載が再開したので、うれしくてたまりません。愛蔵版 熊田プウ助大全集も欲しいよう。


c0139007_51259.jpg





c0139007_5121669.jpg




 すいません、すいません。
 いろんな意味で全方位に謝りたいのですが、2コマ目までだから……いいよね? ダメ? わりと、ゲイ内輪ネタというか、下ネタ全開なネタが多いのですが、「そうきたか」というような変化球がすごいのです。

 
 ゲイ漫画といえば、田亀源五郎先生の「外道の家」と「君よ知るや南の獄」もコミック化されたし、自分的にはかなりきてますね! あと、意外と「SAMSON」(ゲイ雑誌です。年齢層高め。デブ系の雑誌)の漫画は意外と哀愁があっておもしろい。出てる人はちっともタイプ意外ということで見逃していました。


 あたりまえなんだけど、いいものって世の中にたくさんあるのに、それがものすごい勢いで埋もれて行くような気がして……。せめてこのブログでは、自分が好きなものをそれこそゲイ漫画からラノベから男の子からSF小説から、そういうのから偏愛的にチョイスしてwebの波に乗せたい。とどけ、この想い。ワッショイ。

 ほかに、ゲイ漫画家でいえば、タカサキケイイチ、野原くろ、山田参助が好きです。

 そしてかなりどうでもいい情報なんだけど、野原くろの自画像は、柏木ハル子の漫画になんだか似ている。
あ、漫画も読めるじゃん!「彼の踝」「ツヨシの背骨」 2つの作品は対になっていて、それぞれの視線から書かれているそうです。ぬふう。

おまけ 田亀源五郎インタビュー(All about japan)
[PR]
by bogdog | 2008-01-28 05:34 | この漫画がスゴい!
 2ちゃんねる、および、ひろゆきやその周辺の文化をバカにしている作家のブログを読んだんだけど、日記にやたら2ちゃん語使ってんの。ネ申!とか。……作家として以前に、人間として迂闊な人なんだと思うわ。

 小咄なんだけど、「ずら」って語尾につける人が、「べさ」って語尾につける人をバカにして、「べさずら!」って言って、相手も「ずらべさ!」って言ってバカにした、というのを思い出したよ。

 つまりバカにするにも同レベルっつーか、自分の中に一貫性がなければ、ただ自分はno-tarinだとわざわざweb上で公開してるだけでは? つーことです。個人的な感覚でいえば、悪口も批評も全然ありだと思うんだけど。まずは自分に主義があって、論理的でなければ。批判のための批判じゃ意味がないと思うですよ。
[PR]
by bogdog | 2008-01-26 22:02 | 日々のことば

去年なに漬けた?

 こないだ、よしながふみレシピを実践してみて、とてもうまくできたので、またいちごジャムを作ってみた。今度は、砂糖をちょっと多めにして、砂糖をまぶす時も数回に分けてまんべんなく浸透させるようにして、煮る時間を少し長くしてもうちょっと煮詰めてみた。

 甘さが濃くて、こないだのよりもうまくできた! むはー

 同じように、紅玉も使って、同様のレシピでリンゴジャムを作ってみたんだけど、リンゴの香りが飛んでしまってちょっとがっかり。砂糖はグラニュー糖のほうがいいかもしれない……あと、今度は半分すりおろして、半分は細かくいちょう切りにしてみるか。皮もいれてみようか。

 とまあ、一人でジャム作って、まっくまっくと食ってます。買った方が早い、と思う時もあるけど、ジャムぐつぐつ煮てると、なんだかものすごい充実感なんだよね。思考が冴えるというか。 食い意地が張っているだけだと言う声がどこからか聞こえる。


 調理師のゲイの友達と「きのう何食べた?」の話をしていて、料理するし、すっごく共感できたけど、お酒飲まないってところは共感できないよね〜 というところで意見が一致しました。お酒飲まなかったら食費(2人で)2万5千円で済むよね。ちなみにその友達もものすごく飲みます。

 俺もNくんも、お酒大好きでかなり飲むんだけど、近頃、寝る前にお酒飲まないで寝たら、いままで以上にぐっすり眠れて、しかも翌朝すっきりしていたので、お酒飲まなくなっちゃった。居酒屋でもビール2杯程度。大学の水泳部時代は部活の飲みでビール大ビンで5本くらい飲んでたような気がするのになあー。

 でも、お酒はやっぱり楽しいっす。飲めないなら飲めないで、お金もかからずに済むので、少しづつ楽しもうっと。シャンパンとか。ルイ・ロドレールのクリスタルがいいよね(スゴい高い)とか、スノッブなことをさらりと言えるようになりたい。

 そうそう、果実酒作ってます。
 今漬けてるのは、去年6月に漬けた梅酒、去年10月に漬けたリンゴ酒(紅玉)、去年11月に漬けたレモン酒、それと堀口珈琲で買ったコーヒー豆を漬けた、珈琲酒。これは1〜2週間で豆を引き上げてるから、そろそろかなあ。珈琲酒はNくんの好物なので、よく飲んでます。

 早く飲めるようにならないかな、これ飲むとき、去年はどうだったとか思い出すのかな。とりあえず、こいつらが熟成するまでは死んでも死にきれない……流しの下の収納に、果実酒がある事実が、私のセーフティネットのひとつです。ただの飲んべえだが。 
c0139007_14362775.jpg

[PR]
by bogdog | 2008-01-25 14:57 | 日々のことば
 って、柳原可奈子ちゃんがブログで言ってた。

セカンドライフってこんなことになってるのか(エロいと思います)
 せっかくハッテン場に行ったのに、相手が見つからなくてかわいそうだよね……セカンドライフも楽じゃありません。

中国製花火の説明書き風大人のオモチャサイト

友達の日記で知りました。翻訳ソフト丸出しで素晴らしい。ちょうどそれを! 覚えなさいか!

『種馬』
種馬は最高級、scorshop.com でしか販売されない。
何時間も継続する風味がよい機械、週、彼女の提供月または彼今まで
未知の次元の性経験。
あなたの私用とても機械を得、種馬との腟及び肛門の性の興奮を楽しみなさい。



『膣へのピーターの見つけるアクセス』
性機械のための素晴らしく巨大な人工的な陰茎。



『バトックプラグ及びロックが付いている上品な報告書がある人馬具』
細部負荷が付いている鮮やかに作られた馬具。
腿まわり鎖、リング及び革が付いている小さいバトックのプラグ及び
陰茎のホールダー。
南京錠によって場所で締まらなければならないように
必要とするそれらを置き、取る助けを。


『より手』

振動するすばらしいバイブレーター、回り、ちょうどそれを!
必要とするかところマッサージするため!
長さ、18 cm 。含まれていない電池



『かたつむりをくすぐること』
あなたの好色な想像がこ美しいバイブレータと現実になるようにしなさい。それにクリトリス刺激ためウサギ代り速度振動、多方向回転およびかわいく小さいかたつむりが付いている肉によって着色される先端及び虹真珠によって満たされるシャフトが多ある。使用含まれていない4 つのAA 電池



『気球の男の子のポンプを搭載する人工的な陰茎の球』
子供だったときにハンドルが付いているそれらの弾力がある球をからの覚えなさいか。このおもちゃは同じ主義、跳ね上がりに取り組み、楽しむ!セットは膨脹可能な球、振動の人工的な陰茎、小型バトックのプラグおよびポンプを含んでいる最高重量125 キログラム バイブレーターの使用2.AA 電池に注意しなさい。含まれた

[PR]
by bogdog | 2008-01-24 21:12 | ゲイ・オカマ・クイァーなネタ
ジョニー更新(音が出やがります)
明治神宮で初詣
ザッハトルテの甘い7年戦争

 明治神宮、お正月にNくんと行ったんですけど、1時間待ちとか言われたので引き返してきました。ので、松が取れてから行きましたよ。「賽銭箱の下にベルトコンベアーがある」というのは、神社関係の知り合いに聞いたネタなので信憑性高いです。ゲイがいう「友達が平井堅の元カレ」くらいにね。
[PR]
by bogdog | 2008-01-24 20:51 | 街歩きネタ

同じ闇はない

c0139007_19211573.gif

 友達と本の話をしてて、「いま読んでる本、人間の心の闇が書かれてて面白いよ〜」というので、

 「うわあ、いいっすね〜。闇とか好きです! 人が死んだりとか、殺し合ったりとか!」

と、俺も息巻いて答えたところ、

 「うーん。ジン太くんが求める闇とは違うと思うよ」

と答えられました。

 え、求める闇が違うって……? と、頭の中で「?」がいっぱいになったけれど、なんとなく友達が言いたい事もわかりました。

 そして、すべて闇は”見えない”という点ではみんな同じだと思ってたけれど、いろいろな闇があるということを、その瞬間にあらためて発見しました。

 見えないから、その『闇』を想像する。
 つまり、闇とはそれを覗き込む人間の頭の中にあるのではないだろうか……?
 
 『深淵を覗き込むとき、深淵もまたお前を覗いている』とは、たしかにその通りなのかもしれない。

 と、先日ラジオで聞いて手帳にメモってた言葉を、闇つながりで記しておきます。
 
 『暗い世界にあるものを、わざわざ明るい世界に持ち出してみる必要はない
  暗い世界にあるものは、暗い所で目を凝らしながら見るものだ』

[PR]
by bogdog | 2008-01-20 19:29 | 日々のことば